自毛植毛はアメリカや韓国のほうが良い?

アメリカや韓国の人

日本は医療技術の面では先進国であり大抵の病気は自国の病院で治療する事ができるのですが、一部の治療に関しては海外の方が優れていたり最新の治療がまだ日本に伝えられていない事もありますので、そうしたケースでは治療のために海外に出向く事もあるのですが、自毛植毛に関して実態はどのようになるのでしょうか。

 

まず自毛植毛に関してはアメリカや欧米などの医療水準が非常に高く、日本国内でも水準としては高いのですが欧米にはやや劣る部分もあります。

 

特にアメリカの西海岸には植毛を手がけるクリニックが非常に多く、治療費に関しては国内よりも価格が安い場合があり、またクリニックによっては日本語が通じる所もありますので安心して治療を受ける事ができます。

 

また欧米だけでなくアジアもまた自毛植毛が盛んに行われており、特に美容整形の分野で海外から施術を受けに来る顧客を多く受け入れている韓国もまた植毛を実施しているクリニックが多くあります

 

アジアで植毛を受ける場合には日本から近いこともあり、特に韓国であれば国の標準時間に差がありませんし飛行機でも3時間も掛からない距離になりますので、訪れる際に非常に便利になります。

 

ではこうした海外と日本国内の病院で治療を受ける場合には双方どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

まず海外で自毛植毛の施術を受ける場合についてですが、特にアメリカは技術面で優れていますので国内で受ける施術よりも結果に満足しやすくなります。

 

費用に関しては欧米でもアジアでも治療費が安くなるのですが、当然ながら渡航費や滞在費などが別途で掛かることになり、距離的に近いアジアで施術を受けた方がこのあたりの費用を安く抑える事ができます。

 

一方で海外で施術を受けるデメリットとしては、技術面や安全性に関してはアジアで治療を受けた場合にトラブルが生じる可能性が高く、特に韓国では美容整形の病院でトラブルが続発する事が広く知られており、植毛においても安全性が担保されているわけではありません。

 

また何か問題が生じても海外の病院に対して文句を言おうにも言語が違いますのでやり取りがかみ合わず、また再手術を受けようにも再び遠くに出向かねばいけませんので、トラブルが生じた時のことを考えればあまりお勧めできる物ではありません。

 

一方で国内の病院であれば事前に評判などを確認できますし、なにより技術面でも安全性でも問題なく利用する事ができますので、このあたりについては最大のメリットとなります。